2015年12月11日

こんばんわ
かけ出しでセラピーをやっていますobrigadaこと、片野です
ご訪問有難うございます
久しぶりの更新になります。

明日は、富樫工務所さんのモデルハウス「木くばりの家」(村上市鍛治町5-22)で
ママのためのハッピークリスマス~ビューティーバイキング~
が開催されます
rps20151005_203456_376

rps20151005_203512_465

rps20151005_203555_296


広々としたスペースで
ネイル
リンパマッサージ
ポイントメイク
TCカラーセラピー
アロマハンドトリートメント
が楽しめます

私はobrigada名義で、アロマハンドトリートメントとTCカラーセラピーをやらせていただきます。
rps20151107_200254_346

rps20150421_074801_245

アロマハンドトリートメントは、ラベンダーの心地よい香りのオイルで、手~二の腕をトリートメントします。また、妊娠初期の方や香りが苦手な方向けに香りのないスイートアーモンドオイルもご用意いたします。

TCカラーセラピーは、4本リーディングでもお客様の現在(2本目と3本目に選んだボトル)に焦点をあてたリーディングをやらせていただきます。

ママもプレママも女子の皆様も!
明日は村上市鍛治町のモデルハウス「木くばりの家」で開催されます「ママのためのハッピークリスマス~ビューティーバイキング~」に
是非いらしてください
10時から15時まで、お待ちしております

本日もブログを読んでくださり有難うございます。
obrigada

(18:10)

2015年12月05日

こんばんわ
かけ出しでセラピーやっていますobrigada(オブリガーダ)こと、片野です
ご訪問有難うございます

新潟・村上は天気が下り坂
寒さに加わり、強風と雨に見舞われまして暴風、波浪警報も出ましたえらいこっちゃ
皆さんがお住まいの地域ではいかがでしょうか…?
北海道、東北ではこの天気が明日まで続くようなので、お出かけの際はお気をつけくださいませ。


先日
ホント久しぶりに
ポプリを作りました

ポプリって何…?
ポプリは花やハーブ、スパイスや木の実を精油や香料と混ぜ合わせ、熟成させて作る室内香です。
語源は、フランス語の「ごった煮」を意味するpot-pourriからきています。
中世ヨーロッパ(日本では信長、秀吉の時代)から、ポプリは室内香として特権階級に愛され、宮廷婦人の方へと伝わっていきました。

前にアップしました、村上・荒川エリアでラベンダーで町おこしをされている「ハーブメイツ・あらかわ」さんからいただいた、こちらもポプリです
rps20151020_092930



ポプリは2種類ありまして

ドライポプリは英国スタイルのポプリで、すべての材料を乾燥させて作ります。
一般的なポプリはこちらになります。

モイストポプリはフレンチスタイルのポプリ。生乾きの材料に粗塩(黒砂糖の場合もあるようです。)を加えて保存処理して作ります。
うまくブレンドできたモイストポプリは、50年も香りが持つそうです!


今回作ったのは、ドライポプリ。
材料は
rps20151204_230555_662
いろいろありますが、今回は
シクラメン(先月「むらかみマルシェ」と「セレモニーホール見学会」で購入したものを乾燥させました。)
薄ピンクのローズ(我が家の庭に咲いていたのを失敬)
レモンバーム
ローズマリー
保留剤にオリスルート(ニオイアヤメの根。他にも乳香や白檀も保留剤に使えます。)
そして精油(合成のポプリオイルもあります。)

まずは、シクラメンとハーブ類を瓶に入れます。
rps20151204_230610_701
これだけでも視覚で楽しめます

次に保留剤(今回はオリスルート)に精油を染み込ませます。
rps20151204_230627


シクラメンとハーブ類に精油を染み込ませた保留剤を入れて、混ぜます。
rps20151204_230639_625


これを2週間ほど熟成させて完成です
rps20151204_230652_633
作って数日しか経っていませんが、蓋を開けると結構いい香りがします

ちなみにカナダのL.モンゴメリ作「赤毛のアン」シリーズの「アンの友達」の中で、翻訳者・村岡花子氏(昨年度前期の朝ドラで名前が広く知れ渡りましたね)は、ポプリ(pot-pourri)を「雑香 」と訳しています。

シクラメンは冬の花。
摘んだお花をキッチンペーパーをしいた皿に重ならないように敷き、600Wの電子レンジで2~3分加熱すると、ドライのシクラメンになります。
rps20151205_202210_478
(真ん中の植物はヘリクリサム。キク科の植物で、このお花もポプリに使えますよ)


ドライハーブと保留剤、精油は、ハーブまたはアロマテラピー専門店で扱っています

他にも材料の調合の割合とかがありますが、細かいことにはこだわらず、自分だけの室内香を作って楽しんでみてはいかがでしょうか…


本日もブログを読んでくださり、有難うございます。
obrigada






(20:25)

2015年12月02日

こんにちは
かけ出しでセラピーやっていますobrigada(オブリガーダ)こと、片野です
ご訪問有難うございます

12月に突入しました。
2015年もあと少しですね。
いろいろなことがありましたが、大晦日に「いい年だったなぁ…」と振り返られるよう、今月も頑張ります!
よろしくお願いいたします

今日はアロマのお話です。
香水や練り香もありますが、最近はアロマを携帯できるアイテムが増えてきました
例を挙げますと、
去年、認知症の方向けアロマが話題になったときにもこちらも話題になりました、アロマペンダント(さまざまなものがありますね木製のモノや、琉球ガラスでできたキレイなモノもあります)
携帯できる、小型のディフューザー
ストラップ
アロマストーンもありますね!
rps20151202_090815_720


アロマストーンを使うこともありますが、私はこんなアナログなアイテムでアロマを楽しみます
rps20151130_223008_032
お手製のアロマケース。不格好でお恥ずかしいですが随分前に作りました。

中はポケットのようになっていて
rps20151130_223025_323

精油を垂らしたコットンを入れます
rps20151130_223044_067

ちなみにこの日の精油は和歌山産の精油・じゃばら
rps20151008_095712_273


外見はイチゴなのに、ビターかつフルーティーなじゃばらの香り…

まぁ、おもろいということでお許しくださいませ

アロマケースは、趣味で作りまして(モノ作りは好きなんです、不器用ですが)、今は販売はしていませんが、上手くできれば来春以降、イベントで販売してみようか考えているところです。
上手くできればいいのですが…


本日もブログを読んでくださり有難うございます。
obrigada













(13:58)