こんばんわ
更新が滞りました
どうもすみません
になりましたし、時間を見つけて更新していきたいと思います。

今日は私がアロマを始めたきっかけについて書きたいと思います

女性でコレに悩まれてる方もしくは悩んでらっしゃった方も多いかと思います。

月経痛
生理痛とも言います…この痛みはなったことがある人にしかわからない痛み
言葉にならないくらいの激痛(陣痛ほどではないようですが)、人によっては冷や汗をかくくらいだったり、脚のむくみ、吐き気を伴うこともあるようです

私も月経痛に悩まされた1人なのですが、母も若い頃はあまりの激痛で失神することがあるくらいだったようですし、姉も激痛でかなり強い鎮痛剤を服用していたので、これは遺伝だと諦めていました

でも毎月のあの激痛はツライ鎮痛剤が効かなかったこともあった。あまりに酷くて、救急車呼ぶか呼ばないかで騒いだこともありました

なんとらならんのかしら…
毎月付き合っていかなきゃならないの…?

と思ったときに、何か始めよう!と思って通販で買ったアロマテラピー検定のテキスト。

アロマテラピー=香りで心が癒されるもの。というのは知っていたのですが、
アロマは原液を塗ったらいけないとか、火を使わないと香りを嗅ぐことができないと思っていたので、アロマは危険なもの。と思っていました。

が、もともと香りが大好きで小学生の頃は匂い玉をよく買っていましたので、まずは香りを楽しんでみますか…くらいの気持ちでテキストを買いました。(後日、検定用の精油キットも買いましたよ)

テキストを読んだり、香りを嗅いでいるうちにアロマは正しい使い方をすれば危険ではないし、楽しいものだとわかったのですが、ちょうどそのとき、下腹部にあの激痛が走りました

テキストにゼラニウムがホルモンバランスを調節してくれるって書いてあったような…激痛でふらつきながらも、テキストを見ながらグレープシードオイル(当時クレンジングに使っていました)にゼラニウム精油を垂らして混ぜて、下腹部に塗布したら、

少しずつ痛みが楽になっていきました

えぇ~
薬が効かなかったくらいの痛みが、5分もしないうちに引いていくなんて!
ただただビックリ!
アロマ、スゴいじゃん

それから、月に1度のその日が近づくと、ゼラニウム精油のお世話になっています。rps20150330_220822_559

と同時に植物が持つ香りのパワーに驚き、アロマの虜になり、勉強を始めました。
今ではアロマは生活の一部。
勿論、今も勉強を続けています

ゼラニウムというと、よく花屋さんやディスカウントショップで販売されてる、あのクセのある匂いの花と思われるかもしれませんが、あれは園芸用であります。

rps20150330_220743_238

バラのような爽やかなフローラルな香りがしますが、葉から水蒸気蒸留で抽出されます
エジプトやレユニオン島、南アフリカなどが原産です。

ホルモンバランスを調節するだけでなく、ストレスを和らげたり、リンパ系を刺激したり、スキンケアに役立てられると云われています

アロマを始めて10年以上になりますが、今でもゼラニウム様様
あの痛みが楽なったときの驚きに近い感動を忘れることなく、前に進んでいきたいです


長くなりましたが、読んでくださり有難うございます
obrigada