こんばんわ
進め、セラピー道‼おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


今日は午前中、お隣・胎内市に用事にありまして、帰りに久しぶりに雰囲気の良い、農家レストランに寄ってきました。


農家レストラン。ロッサ・ビエントさん
(胎内市平木田1366-3)
rps20180120_153918_230

写真撮り忘れましたが


店内にはハンドメイドの小物がディスプレイされていたり、実際に地元の方が作られた小物の販売もしています


中でも目を惹いたのが、

ラベンダーの小物


ブーケ
手前の短いラベンダーは白いラベンダー。
rps20180120_153858_701


お手玉
中にはドライラベンダーと椿の実が入っています。(西洋ハーブと和ハーブのコラボですね)
弾むたびにフローラルな香りが嗅覚をくすぐります
rps20180120_153932_882


首枕
中はドライラベンダー。
この枕で休んだら、首の疲れがすぐに楽になりそうですrps20180120_153945_872

使用しているラベンダーは勿論、胎内市産 
他にもラベンダースティックやサシェ、ブローチやシューズキーパーなどが販売されています

どれも良い香りで癒されました


実は前に生産されている方とお会いしたことがあるのですが、


ラベンダー愛に満ち溢れた方


お知り合いの方から、空いた土地にラベンダーを育ててみないかとお話をいただいて、始めたラベンダー栽培だったそうですが、最初は風通しや湿気などの管理に苦労されたそうです。


今は約300本のラベンダーを育てていらっしゃるとのこと。
中には白だけでなく、ピンク色のラベンダーもあるのも興味深いです


ですが
ちょっと気になることが


今は多くの地域でラベンダーを栽培されていて、さまざまな加工品を販売したり、精油を蒸留しているところもある。

胎内もさまざまなラベンダー小物を販売されているけれど、
石けんやハーブウォーターなどの販売は考えていらっしゃらないのか


聞いてみました。


ラベンダーは香りだけでなく、ラベンダーという植物が好き。
なので、ラベンダーそのものを壊したくない。
ラベンダーの形はそのままに胎内のラベンダーを発信したい。


自然豊かな胎内の土壌で育ったラベンダー。
甘さのある優しい香りにウットリします
だからこそ、ありのままの形でラベンダーの香りを楽しんでほしい。


これが胎内のラベンダーなんですね。


胎内市のラベンダーは7月が見頃。
事前予約が必要ですが、ラベンダー畑の見学もできるそうです。



今晩は、早速首枕を敷いてピンクのラベンダーにお目にかかる夢を見ましょうか…
rps20180120_222346_681



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.