こんにちは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


先月かなりの反響がありました、タイ発アロマ。

rps20180225_210453_707

講座の合間に受講された皆様に嗅いでいただいたのですが、
中でもココナッツ精油の甘い香りに驚いた様子でした


タイ発アロマ。なかなか嗅ぐ機会がない、独特の香りに惹かれますが


先日、2便目が届きました
rps20180306_211401_824
今回も3アイテム。
先月届いた精油以上に個性が強いです


紹介いたします


rps20180306_211427_201

ガランガ

タイ生姜とも呼ばれています。
タイ料理やインドネシア料理によく使われています。
生姜は生姜でも、皆様がご存知の生姜の香りとはまた違います。(スパイシーといえばスパイシーですが)
表現が難しいです…
スパイシーな中に甘さとハーブ調の複雑な香りがします。


rps20180306_211441_394

チャンパカ

和名は金香木(キンコウボク)。
アジアンテイストな甘く濃厚なフローラル調の香りです。
ジャスミンに似た香りですが、チャンパカのほうが甘さのある香りのように思います。


rps20180306_211456_452

カフィアライム

ライムといっても、一般的にいわれるライムとは別種です。
和名はコブミカンといいます。
今まで和精油を含めて、さまざまな柑橘類の精油を嗅いだり使ったりしましたが、その中で最も個性が強いです
ビターで酸味が強い香りがします。全く甘さを感じません。


個性派揃いのタイ発アロマ。
奥ゆかしさを感じさせる香りが多い和精油と比べると、自己主張が強く、香りのバリエーションが豊か。

是非香りを体験していただきたいですし、今後クラフト作りも提案していけたらと思います



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.