こんばんは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


アロマテラピーに興味がある方
アロマテラピーを実践されている方
この言葉を耳‌にしたことがあるかと思います。

メディカルアロマ



の言葉を巧みに使ってアイテムを勧めるメーカー(の愛用者)もあるようです。
rps20181110_205610_300

メディカルアロマ



そもそも何ぞや?


フランスやベルギーなどで行われている、精油が持つ薬理作用を用いて、医療目的で行われているアロマテラピーです。

医師の指導により、精油の内服や座薬として使用することがあるそうです。
(フランスでは1991年までは精油は医療保険が適用されてたとのこと。)


そのくらい精油は強い作用を持つということなんですね。



話は戻りますが、私も

メディカルアロマ

という名目で、某精油メーカーの勧誘を受けたことが何度かあります。


片野ならわかってくれるから

と。


実際にそのメディカルアロマも体験しました。

飲んだり、原液塗布もやらせていただきました。



医師の免許を持っていないのに、精油の飲用を勧める。
これ、非常に危険なんです。
精油は100%ピュアだからといって、100%安全とは限りません。
神経毒性を持ち、高血圧やてんかんの方は使用しないほうがよい精油もあります。



飲用によって、
一気に大量の精油成分をほぼ100%取り込まれ、吸収されることにより、胃や肝臓、腎臓に障害が出ることがあります。
また消化器系の粘膜を刺激する恐れがあります。



実際に飲用によってトラブルが起こっています。



日本では精油は雑貨として輸入販売されます。
食品用として使用すれば、食品衛星法違反になります。
また食品添加物だとしたら、一般的な精油とは輸入ルートが違います。
そしてラベルには「食品用添加物◯◯香料」と記載されて販売されます。


飲めるアロマといっても、飲用はおすすめできません。



まだ書きたいことはありますが
続きはまた次に…


本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.
友だち追加