こんにちは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます



今日は国産アロマのお話を…


憧れの富良野ラベンダー
青い空と辺り一面の紫のコントラストを香りとともに楽しみたいです…
rps20190305_192212_705

北海道



北海道ですが、ラベンダーではなく樹木系のアロマです。

rps20190304_101638_826
漢字で書くと

赤蝦夷松




マツというと、前に岩手の南部アカマツ精油を紹介しましたが
アカエゾマツはなかなかレアな精油です。



アイヌの人々が

女神の木

と呼んだそうです。
またエゾマツはアイヌ語でスンクというそうです


アカエゾマツは
北海道の道東~北部に多く、択捉島、本州ですと岩手県の一部分布しています。


爽やかさとシャープさを併せ持った樹木の香り。



ではプロフィールを
rps20190305_173033_334

学名   Picea glehnii

科名   マツ科

抽出部位 枝葉

抽出方法 水蒸気蒸留法

主な成分 酢酸ボルニル他



アカエゾマツは
リラックス、眠りを深くするとも云われていますが
酪農学園大学獣医学群獣医学類の研究で、他のマツ科植物と比較しても抗菌活性が高いことがわかっています。
また牛乳房炎菌に有効であることが示唆されたとの事で、獣医の分野でも利用に繋がる可能性はあるのでしょうか…


詳細な情報がまだ少ないアカエゾマツですが、今後どのように活用されるか、学びを兼ねて情報収集します。



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.




友だち追加