おぶりがーだ.のブログ♪

鮭・酒・人情(情け)の町、新潟・村上でパートの傍ら、かけ出しですがセラピーをしています(^_^)/ 講座やイベント情報は勿論、アロマやハーブ、カラー、リフレクソロジーについても書いていきますので、よろしくお願いします(*^_^*)

ハーブティー

解禁・2 

こんばんは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


今日から7月です‌2018年後半戦‌に突入です。
今年初めの極寒‌と大雪‌が嘘のような茹だるような暑さですが、今月もよろしくお願いいたします


おぶりがーだ.のイチジクの木
rps20180701_195220_947
手のような立派な葉

まだ収穫できませんが、実もいっぱいついています
rps20180701_195238_201
rps20180701_195255_429
実はもう少し先ですが、葉の摘み取りは7月から9月になります。


そう


今日から葉の摘み取り

解禁です‌‌


パート終了後で疲労困憊(?)の身体にムチを打って


虫に食べられていない葉を選びながら摘み取りました。


今日はこのくらい
rps20180701_195329_832
水洗いしてから干します。


この暑さだと1週間弱で葉が乾燥して、お茶にできるかな…


イチジクのお茶は
便秘改善
高血圧の予防
動脈硬化の予防
神経痛の緩和
冷えの改善
などに役立つと云われています。


前に和ハーブの講座をやらせていただいたときに

イチジクってペルシャ料理でも使われてるみたいだけど、本当に和ハーブなんですか?


という質問がありました。


イチジク(無花果)
原産はアラビア南部です。
日本には江戸時代の初期に、ペルシャ、中国を経由して長崎に渡来しました。
最初は薬樹として栽培されていましたが、果実を生食として食べられるようになり、挿し木で育てやすいということで、現在では一般の家庭でも栽培されるようになりました。
rps20170917_210241_985

去年もイチジク茶を作りましたが、
サロンや講座にお越しくださるお客様に好評でしたので、今年はちょっと多めに作る予定でいます



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

嘆きと裏腹に

おはようございます
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます



約1週間前に摘み取った柿の葉
rps20180605_205710_820
所狭しと並べました…


昨晩の柿の葉
rps20180614_215336_630
パリパリになりました


さぁ刻みましょうか
rps20180614_215421_351
細かく刻んだほうがビタミンCなどの栄養価が出やすいとか
更に刻んで…


どくだみ茶同様に煎ります。
rps20180614_215441_639


柿の葉茶のできあがり
rps20180615_090553_111
なんとも香ばしい


今回は若葉だったので摘み取って、水洗いしてすぐにドライにしましたが、柿の葉はアクか強いので、摘み取って、水洗いして数分蒸してからドライにすることが多いようです。

柿の葉は6月~10月までが摘み取り時期です。


rps20180615_091458_772
できたての柿の葉茶

クセはほとんどなく飲みやすいです
ビタミンCが豊富なので、美肌や健康維持にオススメです



おぶりがーだ.の敷地内には

イチヂク

の木があります。
どちらも実がなりますが、どうも苦手で食べることは殆どありません。
私に限らず姉も従兄弟も…


生前祖父は

孫どもは、うちにある果物を全然食べてくれない

と嘆いていたそうですが、


その孫の一人が違う形で、うちの果物を活用するとは…

きっと祖父は天国で驚いているやら呆れているやら…でしょうか



じいちゃん、また使わせてもらうね。

来月はイチヂクの葉っぱもね



+有難う。



このブログを読んでくだった皆様も有難うございます。
おぶりがーだ.

思い出に捧ぐ

こんにちは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


先月末に干したどくだみ。
rps20180515_183449_881
2週間近く経ちましてドライになりました
rps20180612_154341_983

ドライにしてどうする…???


お茶‌にしちゃいましょう


だけど

どうやって作る


祖母がよく作っていたんですよ…柿の葉をブレンドしていておいしかったなぁ


どうやって作ってたっけ…


作り方を簡単に教えてもらったことがあったんです…

記憶を掘り起こして作ってみましょうか!


というわけで作ってみました‌‌


祖母のどくだみ茶は葉と茎がザクザクにカットされていました。
rps20180612_154355_778
+

香ばしくなるから

とフライパンで煎っていました。
rps20180612_154410_148

外来種のハーブティーより手間がかかることなく、

できあがり

rps20180612_154426

さっそく急須で淹れてみました
rps20180612_154736_766

祖母は、やかんから煮出していたので、味も色も濃かったのですが、祖母が作っていたどくだみ茶の風味に近いです

我ながら上出来かな…


どくだみをドライにして、祖母との思い出とともにお茶を作る。


祖母とまた会えたような気持ちでほっこりしました。
まだどくだみがあるので、次は柿の葉もブレンドしてみましょうか…



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

ドライなのにフレッシュ

こんにちは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


ハーブを半日陰に乾燥させて1週間ちょっと
rps20180515_171305_622
rps20180529_224725_386
葉や花はパリパリに乾燥しました


ジャーマンカモマイル
rps20180609_141247_206

葉も一枚一枚摘み取りました

スペアミント
rps20180609_141220_319

ペパーミント
rps20180609_141235_043

てんこ盛りです‌レモンバーム
rps20180609_141208_695


ドライなのに摘みたて(?)ホヤホヤ
rps20180609_141152_817
(レモンバームは葉が大きいのとレモンのような風味を出すためにでちぎりました。)

早速ティーにしてみました


rps20180609_141259_752

カモマイルの風味がいい感じ
あとからミント類の清涼感が



乾燥剤を入れて、冬でもおいしく飲めるよう保存します。



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

葉葉葉

こんにちは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


いきなりですが、
問題です


この木は何でしょう…?
rps20180525_111736_191

ヒントですか?


この植物に香りはあまり感じられません。

秋になると実をつけます。

種類によっては実が渋いものがあり、渋いものはホワイトリカーなどにつけて、時間を置いてからいただきます。


そうです…


柿の木

です!
rps20180525_112823_827

柿というと実でしょうか…とても栄養価が高いことでも知られています。
渋柿がルーツで万葉集にも登場する

和ハーブ

なんです。


果実だけでなく、葉も優秀。

和歌山県や奈良県、石川県などで食べられている、柿の葉寿司。
葉の殺菌作用が活かされた郷土食です。


またお茶にもなります。
ビタミンC、タンニン、ルチンなどが含まれていまして、アンチンエイジングにも良いようです。

葉の採取時期はビタミンCが豊富になる6~10月とのこと。


おぶりがーだ.の畑の敷地内に柿の木があるのだから…
今年は時期をみて自分で作ってみます


rps20180525_124403_728
無花果の葉もわさわさになりました。
こちらもお茶にしますよ

無花果の葉の収穫時期は7~8月。
まだお預けです



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

おぶりがーだ.

ギャラリー
  • まだあるんです、さぁどうする?
  • まだあるんです、さぁどうする?
  • まだあるんです、さぁどうする?
  • まだあるんです、さぁどうする?
  • まだあるんです、さぁどうする?
  • まだあるんです、さぁどうする?
  • 花の湯館様におじゃましました。
  • 花の湯館様におじゃましました。
  • 花の湯館様におじゃましました。