ハーブクラフト

2016年10月08日

こんばんは
かけ出しでセラピーやってます、おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


今月から始まったNHKの朝の連続テレビ小説べっぴんさん

芳根京子さん演じる、坂東すみれちゃん。(主人公は子供服メーカー「ファミリア」の創業者・坂野惇子さんがモデルだそうですね。)
刺繍した小物や刺繍するシーンが多く見られます


そのようなシーンを見ているうちに、私も刺繍がしたくなりました

元々物作りは好きではありますが(上手とは言い難いです)、刺繍はあまりしたことがなく、物作りもしばらくやっておらずブランクがありました。

でも、やりたい

手慣らしに、フェルト小物を作って、そこに刺繍をすることにしました。


使っていないフェルトを引っ張りだして…
本当は白が良いけれど…ないピンクは苦手…ダークブラウンだと刺繍が映えない…う~ん

ビビッドなイエローにしました。
rps20161008_155454_610



べっぴんさんでは、クローバーをモチーフにしていますが、私が刺繍するのはハーブ、ラベンダー

まずはフェルトをちょうどいいサイズにカットして

葉と茎の部分をアウトラインステッチ。
rps20161008_155515_939
(亡くなる4ヶ月に母から教わりました。縫っているときはそのときのことを思い出しました。)

花穂はフレンチノットステッチ。
rps20161008_155537_501
ラベンダーに見えるでしょうか…

端は赤い刺繍糸でランニングステッチをして

反対の両端縫って、裏返したら
完成
rps20161008_155557_557
ティッシュケースです!
製作時間1時間


刺繍をするのとしないとではまた違いますね。
すみれちゃんの気持ちがわかる気がします
またカモマイルやローズなど違うハーブを刺繍するのも良いかも…



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

(21:29)

2016年09月03日

こんばんは
かけ出しでセラピーやってます、おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます
本日ブログ2本目になります


久しぶりにハーブのお話を…

祖母宅の畑。
rps20160521_165021_740

rps20160521_165045_592
いろいろなハーブを栽培しています


実は

去年作った押し花(ハーブ)がありまして…
rps20160903_222635_947
(左から
オレガノ、レモンバーム、ラベンダー、ローズマリー
です。)

まじまじと観ているうちに、製作意欲が湧いてきたので、久しぶりに押し花のしおりを作りました

白い硬めの紙を準備して、紐(リボンなど)を通すためのパンチ穴をあけて、ハーブのレイアウトを、決め、ハーブに接着剤で貼っていき、リボンを穴に通したら、完成です
rps20160903_224918_526

左からローズマリー、ラベンダー、レモンバーム、オレガノ、ペパーミント


渋いでしょうか…


ティーにしたり、料理に活用したり、美容に取り入れたり…ハーブにはいろいろ活用法がありますが、

このような形でハーブを残すのも良いものですね

去年の思い出が詰まっています


18日のむらかみマルシェin環境フェスタにて
販売をする予定です
開催日近くなりましたら、またブログてお知らせします


本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

(22:33)

2016年07月10日

こんばんは
かけ出しでセラピーやってます、obrigada(オブリガーダ)こと片野です
ご訪問有難うございます


今日は講座の準備の合間に、久しぶりハーブを用いてモノ作りをしました。(不器用ですが好きなんです)


材料は
ラベンダー
rps20160619_173355_720


卵の殻
rps20160710_204725_836
(このように割るのは難しいですね)
➕布とネット、リボンまたは飾り用のテープとボンド。

不器用な私でも30分弱で作れました

まず、卵の殻にドライラベンダーを詰めます。
rps20160710_204804_926
写真より多めに入れたほうがいいかな…

ラベンダーを入れたら、詰めた部分はネットを被せて、殻に布を貼ります。
rps20160710_204823_698

rps20160710_204846_124

rps20160710_204903_858
布を貼ったら、飾り用テープを詰めた口のまわりに貼ります。
rps20160710_204924_324


これで完成
rps20160710_215241_994
私が作ったのは
エッグポマンダー
です


手のひらサイズのハーブクラフト。
今回はラベンダーでしたが、ローズマリーやバラの花びらを入れてもまたいいかもしれませんね。
完成品は、割れないように気をつけないと…


ぶきっちょな私でも簡単に楽しく作れました!
普段捨ててしまう卵の殻がかわいい香りのアイテムに変身
また早いですが、子供さんの夏休みの宿題にもオススメです



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
obrigada




(20:50)

2015年12月05日

こんばんわ
かけ出しでセラピーやっていますobrigada(オブリガーダ)こと、片野です
ご訪問有難うございます

新潟・村上は天気が下り坂
寒さに加わり、強風と雨に見舞われまして暴風、波浪警報も出ましたえらいこっちゃ
皆さんがお住まいの地域ではいかがでしょうか…?
北海道、東北ではこの天気が明日まで続くようなので、お出かけの際はお気をつけくださいませ。


先日
ホント久しぶりに
ポプリを作りました

ポプリって何…?
ポプリは花やハーブ、スパイスや木の実を精油や香料と混ぜ合わせ、熟成させて作る室内香です。
語源は、フランス語の「ごった煮」を意味するpot-pourriからきています。
中世ヨーロッパ(日本では信長、秀吉の時代)から、ポプリは室内香として特権階級に愛され、宮廷婦人の方へと伝わっていきました。

前にアップしました、村上・荒川エリアでラベンダーで町おこしをされている「ハーブメイツ・あらかわ」さんからいただいた、こちらもポプリです
rps20151020_092930



ポプリは2種類ありまして

ドライポプリは英国スタイルのポプリで、すべての材料を乾燥させて作ります。
一般的なポプリはこちらになります。

モイストポプリはフレンチスタイルのポプリ。生乾きの材料に粗塩(黒砂糖の場合もあるようです。)を加えて保存処理して作ります。
うまくブレンドできたモイストポプリは、50年も香りが持つそうです!


今回作ったのは、ドライポプリ。
材料は
rps20151204_230555_662
いろいろありますが、今回は
シクラメン(先月「むらかみマルシェ」と「セレモニーホール見学会」で購入したものを乾燥させました。)
薄ピンクのローズ(我が家の庭に咲いていたのを失敬)
レモンバーム
ローズマリー
保留剤にオリスルート(ニオイアヤメの根。他にも乳香や白檀も保留剤に使えます。)
そして精油(合成のポプリオイルもあります。)

まずは、シクラメンとハーブ類を瓶に入れます。
rps20151204_230610_701
これだけでも視覚で楽しめます

次に保留剤(今回はオリスルート)に精油を染み込ませます。
rps20151204_230627


シクラメンとハーブ類に精油を染み込ませた保留剤を入れて、混ぜます。
rps20151204_230639_625


これを2週間ほど熟成させて完成です
rps20151204_230652_633
作って数日しか経っていませんが、蓋を開けると結構いい香りがします

ちなみにカナダのL.モンゴメリ作「赤毛のアン」シリーズの「アンの友達」の中で、翻訳者・村岡花子氏(昨年度前期の朝ドラで名前が広く知れ渡りましたね)は、ポプリ(pot-pourri)を「雑香 」と訳しています。

シクラメンは冬の花。
摘んだお花をキッチンペーパーをしいた皿に重ならないように敷き、600Wの電子レンジで2~3分加熱すると、ドライのシクラメンになります。
rps20151205_202210_478
(真ん中の植物はヘリクリサム。キク科の植物で、このお花もポプリに使えますよ)


ドライハーブと保留剤、精油は、ハーブまたはアロマテラピー専門店で扱っています

他にも材料の調合の割合とかがありますが、細かいことにはこだわらず、自分だけの室内香を作って楽しんでみてはいかがでしょうか…


本日もブログを読んでくださり、有難うございます。
obrigada






(20:25)