こんばんは
かけ出しでセラピーやっていますobrigadaこと、片野です
ご訪問有難うございます

あれこれやっているうちに、12月も後半戦。
明日は天皇誕生日、明後日はクリスマスイブ、明後日はクリスマス
早いですね…師走とはよくいったものです。

寒くなると、体調を崩しやすくなります。
風邪をひいていないのに、鼻水が止まらない…なんてことありませんか?
rps20151222_112610_775

ティッシュが手放せなかったり、鼻づまり、場合によっては頭が重い感じがしたり、頭痛を伴うことも…
辛いですね…
今日は鼻炎×アロマのお話をしたいと思います。

鼻炎は大きく分けて
急性鼻炎 (風邪からしばしばくる急性上気道炎からくるもの。)
慢性鼻炎(原因はさまざま。中には急性鼻炎が慢性化することもあります。)
アレルギー性鼻炎(アレルギー性の疾患からくるもの。花粉症からくる鼻炎もこれに分類されます。)
があります。


アロマテラピーでは
鼻や粘膜の炎症を抑える作用(抗カタル作用)があるとされる精油があります。
一例として
カユプテ、ニアウリシネオール、ベンゾイン、ユーカリ類()、ラヴィンツァラ、ラベンダースピカ、ローズマリー類など

炎症を伴っている場合もありますので、抗炎症作用があるとされる精油も併用のも良いかと思います。
一例として
カモマイルローマン、ペパーミント、ラベンダー類(ラベンダーアングスティフォリアやラベンダースーパーなど)、レモングラスなど。

植物油や専用ジェルに希釈して塗布したり、熱湯を入れたマグカップに精油を3滴入れて、その湯気を吸入したり…

私もアロマ吸入します
rps20151221_232608_406
鼻スッキリ
(これはあくまでもケアです。治療行為ではないことをご了承ください。)

本日もブログを読んでくださり有難うございます。
obrigada