おぶりがーだ.のブログ♪

鮭・酒・人情(情け)の町、新潟・村上でパートの傍ら、かけ出しですがセラピーをしています(^_^)/ 講座やイベント情報は勿論、アロマやハーブ、カラー、リフレクソロジーについても書いていきますので、よろしくお願いします(*^_^*)

和ハーブ

養子に来ました(^-^ゞ

こんばんは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


一昨日
伯父の希望で

群馬から養子に来ました

rps20180815_205920_281

和薄荷

ドラッグストアなどで販売されている、ハッカ油はこの和薄荷の精油です。
アルベンシスミントという商品名で販売しているメーカーもあります。


薄荷というと、北海道・北見市周辺が生産の中心ですが、
江戸時代末期に岡山で薄荷油の水蒸気蒸留に成功しその後、広島、新潟、山形などに広がっていきました。

新潟にも十日町市や南魚沼市に薄荷を使った
お菓子・はっか糖がありますよ
(見た目はチョークのようです。今度紹介したいと思います‌)
新潟と薄荷も繋がりがあるんですね


話が反れましたが、
葉を摘まむと、ペパーミントのようなピリッとした感じではなく、スペアミントほど甘さはありませんが穏やかな清涼感があります。
rps20180815_202811_452
ミント類は世界で140種類近くありますが、香りもさまざま、葉の形もさまざまです。

ペパーミント

rps20180815_202827_424

アップルミント

rps20180815_202848_754

スペアミント

rps20180815_202904_881

おぶりがーだ.の畑には他に、パイナップルミントとオーデコロンミントがありますが、
他にも
クールミントやチョコレートミント、バナナミント、オレンジミントなどがあります。



新しく仲間入りした日本のミント・和薄荷。
他のハーブ‌同様に愛情を注いでいきます‌‌



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

今からでも間に合う…?

おはようございます
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます



昨日は実家で和ハーブ・スベリヒユを収穫し、姪2人に

草を食べる人

と言われてまくった私ですが
(茹でて辛子醤油で和えるとおいしいと説明しても信じてもらえません‌)


今日は
子供さんにも和ハーブ‌に親しんでいただける、オススメの本を紹介します

rps20180814_092641_794

身近にある植物‌(一部和ハーブでない植物も紹介されています)がリアルな挿し絵とともに紹介されています


スベリヒユも紹介されています
しつこいようですが、本当に食することができるんです。
rps20180814_092715_709

一部和ハーブでない植物も
rps20180814_092658_849

お茶になる植物や繊維になる植物が写真つきで紹介されていたり、
大まかではありますが、調理法や染色など植物の活用法なども紹介されています


当たり前に道端に生えていて、見過ごしてしまいがちな植物が有効に利用できることに驚きですし、


今は
私が子供の頃と夏休みの宿題は異なるようですが
(今は自由課題として、工作を作って提出して、自由研究がない学校もあると聞いています…)
自由研究のテーマに良いかと思います
今からでも間に合うかな…


学校の図書館にもありそうですが、ネットでも購入できます。


これから

草を食べる人は

姪2人にこの本を見せに実家に行ってきます



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

草を食べる人

こんばんは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


お盆休み。
今日は午後から実家へ。

姪2人とフェルトスイーツを作って
rps20180813_144552_286
左が姪1号、真ん中が2号、右が私作です


実は実家の裏庭にも自生していました
rps20180813_141749_991

スベリヒユ

rps20180813_141844_415
rps20180813_141907_409
半端ないです
rps20180813_142025_441
ドクダミに混ざってわさわさと。


姪2人とスベリヒユを収穫
rps20180813_142144_339
rps20180813_141923_990
rps20180813_142002_592

姪2人は

この草食べられるの

草を食べるなんて信じられなーい

と疑心暗鬼になっていましたが

食べられるんです、本当に


ちなみにうちの伯父は幼い頃(戦後の食糧難)はよく食べていたそうです。


20分弱でこんなに収穫
rps20180813_142524_077

日常的に食している山形の方のお話だと、葉は取らずに茹でて食しているそうですが、
私は茹でたあと、葉がボロボロ落ちてきて始末に時間が取られてしまうため、事前に葉を取ってしまいます。


この量です…夜遅くまでかかりそうです



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

癒しのターコイズブルー

おはようございます
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です‌
ご訪問有難うございます


さきほどにわか雨‌が降りまして
rps20180811_095240_578

ふと玄関を見たら
rps20180811_093633_361

ツユクサ

rps20180811_095814
rps20180811_095749_586

雨上がりのターコイズブルーに癒されます


ちなみにこのターコイズブルーの色素は、
水溶性アントシアニンとマグネシウムが結び付いたもの。
水溶性なので、現在も友禅の下絵を描くときの染料として使われています。


6~9月にかけて花を咲かせます
まだしばらくターコイズブルーを視覚‌で楽しめそうなので
rps20180811_093650_714

積んでみました。


でどうするの‌花瓶に入れて飾る


いえいえ

茹でます!

rps20180811_093723_098

何するのよ


ターコイズブルーに癒されるって言っていたのに


いやいや実はこのツユクサは

食べられます


クセがないので

葉や茎先はおひたしに

花はエディブルフラワーに

して食することができます。
(茎は細いですが、硬くてなかなか火が通りませんのであまり食べるのはおすすめしません。)

rps20180811_093736_974
茎は避けて、食べましたら
ほうれん草に近い食感でなかなか美味しいです


今年はドクダミ(クセがあるのでおすすめしません)にスベリヒユ、身近にある植物・和ハーブを食べる機会が多いですが、

家族曰く

食料難になっても、あなたはなんとか食べていけそうよね


と言われ…



ですが

身土不二

(人の身体は生まれついた土地と二つと分けられないという意味)
という言葉があるように

今ある土壌で育った食物(この場合は和ハーブ)で健康を維持する。

そして当たり前のように生えている和ハーブに目を向けてみるのも良いかと思います



意外な発見‌があるかもしれませんよ



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

和ハーブ閉じ込めました。

おはようございます
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます
rps20180808_084432_929


先日仕込んだ和ハーブチンキ
rps20180722_090102_425
2週間経ちまして
ボトリングすることにしました
果たしてできあがったものは…
rps20180807_210258_365

カキ

rps20180807_210350_058

ピンぼけ気味ですが

イチジク

キレイなオリーブグリーンのエキスはこんな色になりました…
rps20180807_210406

ドクダミ

rps20180807_210432_818

ヨモギ

rps20180807_210455_451

どれも茶褐色のエキスとなりました。


それを
保存用の瓶に入れます。


(アルコールなので、必ず瓶に入れてください。プラスチック容器に入れますと、アルコールでプラスチックの成分が溶け出します。
+瓶は遮光性のものがベストです‌)

rps20180807_210326_059

何に使うの…?


手作り化粧品‌やバスアイテム‌の材料に使えます。

実際に使ってみたい


来月あたりに講座を考えておりますので、また決まりましたらお知らせいたします



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

おぶりがーだ.

ギャラリー
  • 養子に来ました(^-^ゞ
  • 養子に来ました(^-^ゞ
  • 養子に来ました(^-^ゞ
  • 養子に来ました(^-^ゞ
  • 養子に来ました(^-^ゞ
  • 今からでも間に合う…?
  • 今からでも間に合う…?
  • 今からでも間に合う…?
  • 草を食べる人