癒し処 おぶりがーだ.のブログ♪

鮭・酒・人情(情け)の町、新潟・村上でパートの傍ら、かけ出しですがセラピーをしています(^_^)/ 講座やイベント情報は勿論、アロマやハーブ、カラー、リフレクソロジーについても書いていきますので、よろしくお願いします(*^_^*)

タイ発アロマ

タイ発アロマふたたび…

こんにちは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


先月かなりの反響がありました、タイ発アロマ。

rps20180225_210453_707

講座の合間に受講された皆様に嗅いでいただいたのですが、
中でもココナッツ精油の甘い香りに驚いた様子でした


タイ発アロマ。なかなか嗅ぐ機会がない、独特の香りに惹かれますが


先日、2便目が届きました
rps20180306_211401_824
今回も3アイテム。
先月届いた精油以上に個性が強いです


紹介いたします


rps20180306_211427_201

ガランガ

タイ生姜とも呼ばれています。
タイ料理やインドネシア料理によく使われています。
生姜は生姜でも、皆様がご存知の生姜の香りとはまた違います。(スパイシーといえばスパイシーですが)
表現が難しいです…
スパイシーな中に甘さとハーブ調の複雑な香りがします。


rps20180306_211441_394

チャンパカ

和名は金香木(キンコウボク)。
アジアンテイストな甘く濃厚なフローラル調の香りです。
ジャスミンに似た香りですが、チャンパカのほうが甘さのある香りのように思います。


rps20180306_211456_452

カフィアライム

ライムといっても、一般的にいわれるライムとは別種です。
和名はコブミカンといいます。
今まで和精油を含めて、さまざまな柑橘類の精油を嗅いだり使ったりしましたが、その中で最も個性が強いです
ビターで酸味が強い香りがします。全く甘さを感じません。


個性派揃いのタイ発アロマ。
奥ゆかしさを感じさせる香りが多い和精油と比べると、自己主張が強く、香りのバリエーションが豊か。

是非香りを体験していただきたいですし、今後クラフト作りも提案していけたらと思います



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

微笑みの国から…

こんばんわ
進め、セラピー道‼おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


今日は午後になってやっと雪が止み、待ちに待ったアイテムが届きました

タイから

rps20180209_201827_921

日本未発売・タイのメーカー

レモングラスハウス社

の精油です
rps20180209_162928_943

レモングラスハウス社は
1996年創業のスパアイテムメーカー。
オーナーはアメリカ人。

オーナーのタイ国内にある自家農園で栽培したハーブから手作りで作られたアイテムは日本人観光客にも人気なのだそうで

バスミルク、ソープ、妊娠線予防クリーム、ボディクリーム、虫除けスプレー…
子供用スパアイテムもあるとのことで驚きです

+商品は硫酸塩、パラベンフリー。動物テストはしないというスタンスも⭕ですね


原料となるハーブはオーガニック栽培されたものだそうで、手元に届くのが本当に楽しみでした


精油は

ココナッツ

rps20180209_163005_683
開封前から驚くくらいにカラメルソースに似た強く甘い香り。
適度にリラックスして、元気が出そうです


ローズ

rps20180209_162949_467
ローズといっても、これは野イバラの精油。(一般にいうローズとは学名が違います。)
野イバラは日本や朝鮮半島が原産。
一般にいうローズと比べると、甘さがあり親しみやすいフローラルな香りがします。


グリーンティー

rps20180209_163023_960
…よく確認しないでオーダーした私がアカンのですが(原料となる植物の学名の記載がありません)、こちらはグリーンティーという品名のブレンド精油です。
どの精油とブレンドされているか記載されていませんが、微かに青さを感じさせる優しく上品な香りがします。

ちなみにグリーンティー=緑茶=チャノキの学名は
Camellia sinensis
です。


タイのアロマ。タイならではのものが多く、とても興味深いです
今後アイテムを増やして、ワークショップなど、香りを楽しむ機会も考えております。


そのときは是非、タイの自然の恵みを嗅覚で楽しみにいらしてください

 

本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ