癒し処 おぶりがーだ.のブログ♪

鮭・酒・人情(情け)の町、新潟・村上でパートの傍ら、かけ出しですがセラピーをしています(^_^)/ 講座やイベント情報は勿論、アロマやハーブ、カラー、リフレクソロジーについても書いていきますので、よろしくお願いします(*^_^*)

カテゴリ: 精油あれこれ

こんばんは
進め、セラピー道‼おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


前に書いたでしょうか…
今年は早くもインフルエンザの流行期に入ったとのことです
rps20180116_202220_233
新潟市では学級閉鎖になった学校もあったとか…

今日は急激に気温が下がって肌寒いのを通り越して寒かったので暖かくしてご自愛くださいませ




+風邪も要注意です…


今日は日頃お世話になっている方がいらしたのですが

マスクをして


昨日あたりから喉がイガイガして


とお辛そうでした


風邪のひきはじめは喉の痛みやイガイガがありますが
そんなときは
rps20191015_212720_569
お世話になりましょうか


免疫を刺激するとされている精油の定番・ティートリーユーカリラディアータ、独特のハーブ調の香りのオレガノ、炎症を抑えたり、消毒作用があると云われるレモングラスなどなど…


こちらもいかがでしょうか
rps20191015_221148_300
ラヴィンツァラ
マダガスカル原産。クスノキ科の常緑樹です。

ユーカリラディアータのような爽やかな香りで
免疫刺激作用
抗ウイルス作用
があると云われています。

それだけではありません。
心を落ち着かせてくれたり、眠りを深くするとも云われていまして、さまざまな用途に使えます。



話は戻りますが、ご本人様もラヴィンツァラの香りを気に入られ、ラヴィンツァラを滴下したムエット(試香紙)をお持ちになりました。


体調が戻られることを願って…




本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

おぶりがーだ.
新潟県村上市飯野
090-7948-9015
obrigada_0401@yahoo.co.jp

アロマトリートメント、タイ式リフレクソロジー、TCカラーセラピーをやらせていただいています。
昭和レトロな空間でココロのモヤモヤを色からのメッセージを受け取ってクリアに、パンパンの肩や背中、足のむくみをほぐしてフワッと軽くいたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

こんばんは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます



昨日の続きになります…


精油の原液塗布


植物油などで希釈せず、肌に直接精油を塗布する…

これも危険です


rps20181113_092233_118

精油は植物中に存在しているときより、高濃度で揮発性が高いものです。
また薬理作用も高く、身体への刺激も強いです。


実際に皮膚に直接つけると、

ビリッとくるような刺激

痒み

赤み

などといった症状が出ます。


中には原液でトリートメントをして、体調を崩されたケースもあります。


皮膚には角質層などのバリアゾーンがあり、簡単に物質が通過しないようになっていますが
精油は分子構造が小さく、水に溶けにくく油脂に溶けやすい性質(脂溶性)なので、バリアゾーンを通過して、真皮(血管やリンパ腺がある層)まで届きます。
そして血液循環にのり、全身を巡ります。


精油原液を100%をまるまる取り込み、全身を巡る。

想像しただけでゾッとします




少し難しい話でありますが…



ラベンダーとティートリーは例外と書かれてある書籍も一部あります。


が、
ティートリーは稀に皮膚刺激を起こすことがあります


万が一、精油が皮膚についた場合は、大量の流水で洗い流してください。




昨日に続いていろいろ書きましたが、その精油メーカーを否定するつもりは全くございません。

正しい精油の使い方を知ってほしい

のです。

そして安全にアロマテラピーを行い、楽しんでいただければと思います



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

友だち追加

こんばんは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


アロマテラピーに興味がある方
アロマテラピーを実践されている方
この言葉を耳‌にしたことがあるかと思います。

メディカルアロマ



の言葉を巧みに使ってアイテムを勧めるメーカー(の愛用者)もあるようです。
rps20181110_205610_300

メディカルアロマ



そもそも何ぞや?


フランスやベルギーなどで行われている、精油が持つ薬理作用を用いて、医療目的で行われているアロマテラピーです。

医師の指導により、精油の内服や座薬として使用することがあるそうです。
(フランスでは1991年までは精油は医療保険が適用されてたとのこと。)


そのくらい精油は強い作用を持つということなんですね。



話は戻りますが、私も

メディカルアロマ

という名目で、某精油メーカーの勧誘を受けたことが何度かあります。


片野ならわかってくれるから

と。


実際にそのメディカルアロマも体験しました。

飲んだり、原液塗布もやらせていただきました。



医師の免許を持っていないのに、精油の飲用を勧める。
これ、非常に危険なんです。
精油は100%ピュアだからといって、100%安全とは限りません。
神経毒性を持ち、高血圧やてんかんの方は使用しないほうがよい精油もあります。



飲用によって、
一気に大量の精油成分をほぼ100%取り込まれ、吸収されることにより、胃や肝臓、腎臓に障害が出ることがあります。
また消化器系の粘膜を刺激する恐れがあります。



実際に飲用によってトラブルが起こっています。



日本では精油は雑貨として輸入販売されます。
食品用として使用すれば、食品衛星法違反になります。
また食品添加物だとしたら、一般的な精油とは輸入ルートが違います。
そしてラベルには「食品用添加物◯◯香料」と記載されて販売されます。


飲めるアロマといっても、飲用はおすすめできません。



まだ書きたいことはありますが
続きはまた次に…


本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.
友だち追加

こんばんは
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


今日は暑かったですね~
歩いているだけで汗だく。
+
蚊が飛んでいるので、腕や足を刺された方もいらしたのではないでしょうか…


アロマでも虫除けスプレーを作ることができますが、その虫除けアロマの代表格が

レモングラス

rps20150706_174018_034青レモンガヤとも呼ばれ、鮮烈なレモンのような香りがします。
この香りが虫が苦手とする香りなのだとか。


またハーブとして、タイ料理・トムヤムクンの香り付けやハーブティーなどで活用されています。

rps20160926_110719_662

気分をリフレッシュさせたり、
カチカチの筋肉を緩めたり、血行を促すと云われているので、肩のケアや筋肉の痛みに…
+冷え対策にも
また消毒作用があるとも云われています
食欲がないときにも


それだけではないんです。
レモングラスの凄いところは

抗菌力


レモングラスに含まれる、アルデヒド系成分・シトラールが抗菌作用を発揮してくれます。

効果は強く、蒸気でも除菌できるとか。
感染症対策にも。

rps20180619_223331_867
コットンにレモングラス精油を垂らして、靴の中に入れればあのニオイもサヨウナラ~


また真菌(カビ)の増殖も抑えると云われているので、梅雨の時期になる方も少なくありませんが、水虫対策にも。

レモングラス精油の蒸気で白癬菌を殺菌したというデータもあるそうです。


ただし、アルデヒド系の成分は皮膚・粘膜を刺激磨るおそれがあるので、使用量は少なめに。
妊娠中の使用は控えたほうがよいでしょう。


リフレッシュにカチカチの筋肉だけでなく、抗菌対策にレモングラス。
強い味方になってくれそうです



本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.

おはようございます
進め、セラピー道!!おぶりがーだ.こと片野です
ご訪問有難うございます


先日購入した、フランスの薬学博士が著した本
rps20180523_205934_930

フランスはメディカルアロマが主流。
さまざまな疾患からスキンケア、ベビーケアのレシピまで紹介されていて、とても勉強になります


大抵、アロマのレシピは

○○精油  ○滴
○○精油  ○滴
植物油   ○滴

という書き方で表記されていますが、

この本では

○○精油  ○g

○○精油  ○g

植物油   ○g

と表記されています。

グラム単位での表記…


ちょっと…いえ、かなり戸惑いました
rps20180523_205922_775

精油は1滴、何gなのか?


精油1滴、0.05ml…のメーカーが多いですが、

グラム単位にすると、1滴

0.025g

なのだそうです。
(種類によって多少異なります。)



例えば、
ペパーミント精油 0.1g
と書かれていれば、
0.1÷0.025=4滴になります。


この本を読むときはちょっとした計算が必要ですが、頭の体操になっているかな…




本日もブログを読んでくださり有難うございます。
おぶりがーだ.



このページのトップヘ